FC2ブログ

記事一覧

【個人の趣味と五術】(季刊「五術」平成25年3月号掲載文から抜粋)



ふと、ラジオから流れてきた曲が聞き慣れたヒット曲でも、
ボサノバアレンジであることで、いつもより耳ゴコチよく聞こえます。

暑い夏をやり過ごすには、ユルさがポイントでしょうか。
学生さん達の夏休みも、もう終盤ですね。








さて、【香草社創立50周年記念サービス】を実施中です!

8月31日までです。早めにご利用ください!


【1】香草社50周年記念誌

『佐藤六龍師からのメッセージ』
(非売品・A5判・88頁)

~『五術』(香草社会報誌)掲載の佐藤六龍・五術談珠玉選集~





を、オンライン書店で、書籍を20,000円以上ご購入の方にもれなく差し上げます。
(会員を除く)




【2】《書籍の5%OFF》記念サービス

香草社オンライン書店でご購入の際には、ご決済画面の中で左側に出る【ショップクーポン入力】欄に【 5%割引用クーポンコード:coupon5050 】を入力してください。













【個人の趣味と五術】

(季刊「五術」平成25年3月号掲載文から抜粋)

佐藤六龍著



前号の「五術家列伝・五術家の門人たち」に書いた姓名の件で、こんなご意見をいただいた。

三名の吉名を選んで、さらに易占で吉名を求める、という件に関して、「三名なり一名なり」を選んでも、その人にその姓名が合うか、どうか、― という問題はどうするのだ!!。三名の中からさらに一つの吉名を選ぶために易占をする以前に、この名がこの人にあっているか?を問うべきである ― という意らしい。

もっともの意見と思えましたが、よくよく考えますと、どうも根本的にまちがっているようです。

五術における相の吉相・卜の吉断・命の吉運 ― というものは、その人に合う合わない・気に入る入らない ― という個人的問題で吉凶良悪を云々している占術ではないからです。

いつも小生が、人間の趣味嗜好は、五術に全く出ないし、無関係である、と言っている事です。

吉名を命名しても、その人に合う・合わないは別問題。まして、気に入る・気に入らないは論外、とすべき問題なのです。

家相とて同じです。吉相の家相にしても、それが居住者に合うか、好きか、は全く別問題で、吉相とはこうしたもの、というだけが、吉相家屋なのです。

五術家が吉を求める人、断を求める人、に対して、その人の個人的趣味嗜好(とまでいかなくても、合う合わない)を持ちこんでは、五術を用いる価値がなくなってしまうからです。吉相を求め、それでいて、その人に合うか合わないかを云々していてはキリがありません。

五術は、五術側から五欲達成に向かって、一方的五術独特の考えで、世の処し方を説いたものです。そこに個人の趣味嗜好・倫理道徳宗教の観念は持ちこまないのが、五術の長所なのです。






















関連記事