FC2ブログ

記事一覧

平成30年6月中旬刊! 【続】 『占いを愛した人たち』


すっかり夏のような日が続いていますね。
みなさま、水分補給は大丈夫でしょうか?

アジサイの開花が例年よりも早いそうですね。
桜が早くて、アジサイも早くて、来月は秋でしょうか?(笑)








さて、『占いを愛した人たち』の続篇が出ます!

占術界の歴史書・時代を彩った名物易者達との交友録!
まちがいなく、おもしろいです♪

六龍先生でなければ書けない、六龍先生目線の占い師さんたち!

平成も終わろうとする今、
明治大正昭和を軽やかに走り抜いた占い師たち!
読む人のイメージの中で、一人一人が、活き活きと動き出します!

偉才・六龍先生の置きみやげ。
【続】 『占いを愛した人たち』

ぜひぜひ、ご一読ください。


















平成30年6月中旬刊!


日本の近現代占術の流れを克明に記した唯一無二の本!

占術界の歴史書・時代を彩った名物易者達との交友録
 
 

【続】 『占いを愛した人たち』



― 五術家列伝・珍談奇談 ―

明治大正昭和に活躍した名物易者の話





佐藤六龍著 A5判・並製・170頁

定価 2,800円(税込) 



【発刊記念割引】(7月31日まで)

一般の方:  2,520円(10%引)
会員・講習生:2,240円(20%引)




★季刊『五術』(東洋五術運命学協会・会報誌)連載「五術家列伝」
第37話(平成18年9月号)~第63話(平成26年7月号)掲載★



時代を彩った名物易者たちが、今、活き活きとよみがえる!

七十年前の占術界を知り、明治大正生まれの師についていた
六龍先生だからこそ、語れる、描ける、占いの達人たちとの交友録
 



週刊誌・テレビのメディアが創作した〝占い?〟が氾濫する中、本ものの「占術」は、その理論も、その心も、今や危機に瀕しています。

今、残しておかなければ埋もれてしまう明治以降の日本の占術界の歴史!
占術を愛し、その職に命をかけた、明治大正昭和の占術家たちの生き様!

  
斯界の雄・佐藤六龍先生が、諸先輩から直に聞いた話、自身が見、体験した事をもとに、
ここに占術界の全貌を記し、歴史の一頁に確かな軌跡を築く!


一世を風靡した「天中殺」の創始者は実は文人易者の西川満、そしてその著書の一端を担ったのが佐藤六龍先生という「天中殺」にまつわる秘話。三十年以上、自分の四柱命式をもとに機関誌まで出しながら八十歳を過ぎて「それまでの生年月日時がまちがっていた」と言える人。「気学を捨てるのは怖い」と言う人。周易のために三日も寝込む人。二・二六事件の戒厳令の中、人相を教えてもらうため師宅に出かける人―面白い占術界の裏話。そして、当時の人々の生きる姿、何事にも一生懸命に必死に生きていた姿が、まざまざと浮かんできます。



  
☆ ☆ ☆ 本書に掲載の逸話(一部)紹介します ☆ ☆ ☆


姓名をみない姓名判断
マスコミに踊らされた五術家たち―占術の実力と著書の内容が正反対
種々の占術習得に大金をつぎこんだ二州
気学を捨てるのが怖い
気学方位が六十度に変わったワケ
〝六龍〟名の誕生にはくさい話
気学の不備は〝命〟を軽視している点
真の占い好きの大熊光山と田口二州
職養道の一〝街の人に可愛がられること〟
軽はずみで始めた人相講座に慌てる文聰
文聰、人相実占鑑定会で大成功
職養道の一〝相手にさからった鑑定をしてはならぬ〟
あの二・二六事件が勃発
職養道の一〝同業者の悪口を言うなかれ〟
中村文聰―師・熊崎健翁を見習った占術の事業化
フランス貴族末裔の文聰門人
周易で寝込む人











先に出ている『第1話(平成7年9月号)~第36話(平成18年6月号)掲載』分












関連記事